読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姥捨て山

ふきだまりのまち

年をとった

うんこの話でキャッキャしてモンハンでディノバルドとライゼクスの2頭狩猟してたら誕生日が過ぎていました。エリアル片手剣楽しいね。

 

近況です

・仕事やめました。

結局やめました。いろいろ迷惑かけたりお世話になったりで申し訳ない気持ちが多々。

戻ってきてねと言うお話をしてもらえたけどしばらくは難しそう。理由は後述。

 

・再就職しました。

 無職ライフを謳歌できるほど金の余裕もないので結局すぐに就職しました。休養退職とはなんだったのか。

 OJT先が上流工程なので上の人について回って要件定義したり予算見積もったりしています。請負案件を持ってきて、受注製造リリースまで一通り自分でやるのは初めてなのでいろいろ心配事が多いです。その上で並行して別の案件、片方は製造で片方は試験、それから未着手項目の調査の作業を進めていて一日に仕事を3つ並行で消化しないといけないのはマルチタスクができないのでどうやって上手く切っていくかの線引きが難しく、一日の時間がどうも足りません。定時で仕事が終わるように調整する努力をしてみたけど無理っぽい。

そもそもアプリ開発のメンバが5人いるかいないかのところで案件を6個並行して回すのってできるの?あっやるのか…と言う感じでひとり一つ関連性のない案件を持つような形なので、誰かひとり抜けちゃったりすると引き継ぎうまくいかなかったりで課題が多い。

 特に今月は遅く上がることになりそうだし、転職前よりずっと仕事上の負荷は重いです。それでも収入と福利厚生はよさげなのでまだなんとか、ぼろ布切れみたいな感じで生きていきそう。

 何よりもすごいのは会議だね。会議ってすごいね、自分でこの日あれやるぞーって意気込んで会社いって突然会議やるからねって言われた瞬間その日のやる気がシクシク沈んで行くのがよくわかるんだよね。本当にこれ片付けに来たぞというのが会議で後ろ倒しになることにすごくストレスを感じてしまうことに気づいてしまった。自分がこれでやるぞとやる気出した瞬間それが崩壊していくのが本当に悲しい。多分一番苦痛だなと思っているのはこれだと思う。でもOJTだから仕方ないね。

わたしは前倒しでなんでも終わらせたいんだけどここはケツ燃えてからエンジンかけるタイプの現場だから前倒し作業が思うようにできなかったりするのがちょっとだけくるしいかな。

特に体調問題ないなら戻ればええやん、って話なんだけどわたしは今回金融じゃない案件に入ってみたかったんだ。今全然金融関係ないどころか、相手がITに全然詳しくなかったりする人相手のことの方が多くてあれもこれも夢いっぱいの要件定義がポンポコ出てくるのが本当に楽しいのね、すごい夢いっぱい、夢が膨らむたびに予算が膨らみわたしたちの人数で工期足りるかなって、そういうことをずっと考えている。案件は個人にほぼ任せきりのような状態になっているけど、人に依りすぎると結局その人が抜けちゃったあとのことを考えたら行き先が地獄だから、人に依り過ぎないようにしないとダメだなとか、改めて思ったりすることもあるんです。

結構いろんな現場を転々としてきていろんな現場ルールとかあったけど、やっぱりルールが敷かれるってことはそれなりに理由があるんだなって当然のことを再度認識することになったなあ、とかぼうっと考えています。

冬が越せない

冬眠したまま死んでしまうので冬は好きではありません

<あんまりよくなかったこと>

帯状疱疹が出て半身が痒い

・胃炎⇒マイコプラズマのコンボをくらって凹む

・躁鬱の鬱が終わったと思ったら躁に突入して一週間不眠不休で大暴れする

・ストレスで免疫ダダ下がり

 ⇒片目にアレルギーが出てしまい再び眼帯生活へ。右目がめちゃくちゃ疼く

・ストレスでの退避行動で解離性記憶障害になったらしい(?)

 ⇒やたら仕事のメモがあったので仕事に支障はなかったけど重大なことを忘れている気がする

 ⇒先月の記憶があんまりない

 

<よかったこと>

・ひとまず担当業務のリリースまで完遂できました

・いい感じのスカウト頂いたので転職しそうです。

別の時制のわたしはきっと他人

昨日のわたしと今日のわたしって別の人だと思うんですよ

昨日のわたしを知っている今日のわたしはいるんだけどそれが昨日のわたしと今日のわたしが同一人物かと言われると違うと思ってて、なんでかって昨日のわたしのやった仕事の内容とか、文字に書いて残してたもの以外のことをあんまりよく覚えていないからです。

 

多分昨日のわたしと今日のわたしは違うし、昨日から寝ないでそのまま今日のわたしになったとしてもいまのわたしが前のことを思い出せなくなったら多分それは違うわたしかもしれないしなんだかよくわからないです

美味しいカブトムシゼリー

某氏と焼肉に行った時に話題になった、「カブトムシは果たして味覚が存在するのか」という疑問がわたしの脳みその中をずっと泳いでいます。木の幹にへばりついて美味しそうに蜜を啜るカブトムシは樹液ソムリエと呼ぶにふさわしいと思うし、そんなカブトムシを魅了するカブトムシの餌のゼリーは甘くて美味しいはずだと思い込んだ某氏がカブトムシのゼリー食べたらまずかったって話なだけなんですけれど。

カブトムシって甘いとかそういうこと知ってたりするのかな?というか虫って味覚あるのかなあと不思議におもいました。足からなんとなく味はわかるみたいなQAを見た記憶があるのですが正直あんまりよくわかりませんでした。何よりも味覚があると知ってしまったら、わたしが好きな食べ物にプ~ンプンと寄ってくるハエの姿をみたら腹が立って仕方がなくなるとおもいます。誰か夏休みの自由研究でやってください。

いどうになりました。

そういえば、前現場から退場しました。契約満了というか上位SIer撤退に伴い撤退です。しばらく通勤していた自宅から一時間の場所ともおさらばして、わりと家から近い場所に出勤しています。最強です。やろうと思えば昼休みに家で飯が食べれます。

 

日系企業だけど箱を開けたら外資系のような会社から退場し、今は普通の現場にいます。若干ケツに火が付きかけているところ以外は普通です。もう改修内容の設計製造試験する旨が既に計画表内に組み込まれていたのでとりあえず予定表見ながらどうしようかな~と言っている時間もそうそうないので、仕様と改修項目を確認する作業をひたすらにしています。改修内容見ながらあの辺触ったらできそうだなあとか、その実装作るならテスト項目はどれが必要そうかなあとか、少しずつものをまともに考えられるようになってきたなあと自覚できるようになったのは少し良かったかもなあと思います。

実はWindows10で開発するのが初めてで、初期設定に手間取って大暴れしそうになったりしましたが、他人のPCの上に乗っている鼻セレブを見て昔ティッシュの食べ比べをしたなあということを懐古し過ぎ去りし思い出に浸ることで精神を落ち着かせながら作業をしていました。すごくどうでもいいことですが、自社の社員がかなり多いので昼ご飯は大所帯で出かけています。それなりに仲が良いのとすごいオタクが多いなとオタクながら思いました。

前の現場と違って、昨日と今日でいきなり改修内容が変わることもないし、書面は日本語で書かれているからとりあえず理解に時間はそんなにかからないことにちょっと感動しました。たまにソースコード追いかけていると実装と設計書の内容に差異があって鼻水出そうになったりします。そんな日もあるけれどわたしは今日も元気です。欲を言えばもっと早く帰りたいです。家に帰ったら21時近い生活は残業代も出ないのであんまり残りたくないなあと思うのです。とりあえずなんか早く仕事終わる方法ないかなと思いながら作業しています。タスクの他にもマニュアルの改定内容のメモ書きの中身を忘れる前に早く書き足しがしたいです。わたしが初めて別のOSに環境構築をしたので新OS向けのマニュアルだって作りたいです。やりたいこともいっぱいありますがやらなければならないことがそれよりも多いので時間が取れていない実情と、作りたくてもofficeがインストールされていないのでソフトウェアが来るのを遠距離恋愛中の恋人が夜行バスにのって会いに来るのを今か今かと待ち続ける彼氏のような気持ちで待っています。鼻セレブは甘いです。

文章を書くのがしんどすぎる

誰かに見せようとするから肩肘張ってしまってかけてないだけなのはわかってるんだけどね。でも製本するとか考えたら張り切っちゃうでしょ。綺麗な文章で書きたいとかムツカシイ言葉を使ってみたいとか見栄張りたいでしょ。

だって表紙を人に頼んで作ってもらってるんだぞ そりゃ綺麗な本にしたいってワケ

近況

4月から新しい現場に写ってもう7月、早いなあ。3ヶ月かあ、という気持ち。

設計書なし、仕様書なし、存在するものはリリースされるWeb画面とリリース機能を1行書きされたシート。それを見ながらWebサイトの品質を保証する必要がある。

いざテストケースを作り終わったゾとご飯食べに行って1時間後に戻ってきたら知らない機能が実装されたり、変更が入ったりしている。そしてまたテストケースの書き直し。実際リリースされてテスト開始、実際やってみたら予定の45%程度しか製品が完成していなくて、機能が何もないやんけということも頻繁にある。辛い。お客さまレビューが終わったテストケース、もうこれ終われば今回は終わりだと思ってテスト完了後に機能一覧を一応確認したら知らない機能が実装されている。「これ、テストケース書いてないんですけど、実装されているならテスト対象ですよね?」とリーダーに問い合わせしてリーダーからもっと上の人に問い合わせてもらう。その間次回リリースのテストケースを書いたり確定している仕様を確認しながら待機。たまに別のチームのケツに火がついている案件のテスト依頼が来るからそれに参加したりする。でもわたしたちのテスト内容は減らないし締切も伸びない。辛い。人増やしてほしいと打診しているけどコストが足りないのでNGと言われてしまう。ぐぬぬとなるけれどもやらないといけない。なんか辛いというよりは普通に考えたらおかしいでしょってことが頻繁に起きすぎてなんでや!って毎日言ってる。楽しいけど勘弁してくれやと思うこともある。楽しいけどさ。