読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姥捨て山

ふきだまりのまち

Java開発環境構築

※この記事は最新のものでない恐れがあります

Java環境を構築する


必要なもの

手順

  1. JDKのインストール
  2. パスの設定
  3. Eclipseのインストール

1.Java環境の構築

JDK(Java SE Development Kit)のインストール
ORACLEのホームページからダウンロードする。
上記赤枠の「JDK DOWNLOAD」をクリック
ライセンスの合意にチェックを入れたあと、自分のパソコンのOSにあったものをダウンロード。
ライセンスの合意にチェックを入れると、チェックボックスの文字が「Thank you for accepting the Oracle Binary Code License Agreement for Java SE; you may now download this software.」の文字に変化する。

ダウンロードしたJDKを実行し、表示される内容沿ってインストールを行う。

2.パスの設定

「スタート」⇒「プロパティ」上で右クリックし、「プロパティ」を選択
「システムの詳細設定」をクリック。
「プロパティ」画面の「環境変数」を選択

環境変数」の設定画面が出てくる。
「新規」を選択して、システム環境変数を追加する。
変数名 JAVA_HOME
変数値 JDKを保存した場所

更に、環境変数「Path」を編集する。システム環境変数内変数「Path」を選択して「編集」
以下変数値を追加する。もともと記載されている内容は絶対に消さないこと
追加内容 「%JAVA_HOME%\bin;(以下、もともと記載されていた内容…)」

3.Eclipseのインストール

Pleiades All in One ダウンロードサイトより、ダウンロードする。

数字が大きいほど最新のものになっている。好きなものを選択。
以下使用するOSのバージョンに合わせて「Full Edition」をダウンロード

ダウンロードしたファイルを解凍してインストールし、実行する。
ワークスペースを指定する。
ソースコードなどが保管される場所なので、初期設定のままで問題なし。

このようなソフトが起動したらインストール成功。
※SSはAndoroid開発環境のものなので多少違うところがあります